血糖値とうまく付き合って置き換えダイエットを成功させる方法

低血糖はダイエットの大敵です。しれを制すれば置き換えダイエットも成功しやすいことを覚えておきましょう。ブドウ糖は体内で枯渇すると空腹として脳からサインが出ます。低血糖の場合人体に二つの影響を及ぼします。

脳:低血糖に伴い判断力、集中力、気力、記憶力等の低下、やる気の低下、思考力の低下

身体:肉体的エネルギーが出なくなる、力が入らない、馬力がでない

低血糖を改善するには糖質の摂取が必要です。置き換えダイエット中は主にこの糖質を制限しているので低血糖になりがちです。

―――失敗する置き換えダイエットの方法と血糖値

置き換えダイエットで失敗しやすい血糖値の影響ですが、通常食での食べ物に問題があります。血糖値がすぐ上昇しやすいGI値ってご存知でしょうか?GI値が高い食品を主に食べていると血糖値が上がりやすいです。

GI値が高い食品

白米、うどん、ラーメン、パスタ、パンなどです。これらの食品を置き換え中に食べてしまうと、血糖値の上昇値が高く上がります。空腹時の血糖値の下降により余計に空腹が増します。血糖値の上昇幅が大きいと余計にお腹が空きます。このようになると、余計に食べてしまい、ダイエットが失敗しやすくなります。

―――成功する人の血糖値との付き合い方

置き換えダイエットで成功する人がやっている血糖値との付き合い方は、まず血糖値が上昇しづらい食べ物の食べ方があります。失敗している人と成功している人のダイエット中の摂取カロリーはおなじですが、食べ物の食べ方によって成功と失敗で分かれます。成功しやすい場合、まず食物繊維が豊富なサラダや漬物等の野菜から摂取します。その後に米やパスタ等の主食を食べるようにしています。もしくは、GI値の高い食品は食べず、お肉や魚、野菜だけで食事を済ましています。こ血糖値の上昇が緩やかに上るため、空腹を少なく感じる事ができます。

―――血糖値をあまり上げない食事方法

食物繊維を先に摂取することによって血糖値の上昇が緩やかになります。食物繊維を多く摂ることによって便秘改善や空腹を満たす効果もあります。米、麺類、イモ類等は少なく摂取しタンパク質を多く摂取することによってGI値の上昇を抑えることができます。

―――血糖値を上げずに腹持ちを良くするダイエット食品

豆類、海藻類、青魚類、野菜全般を主に食べるとよいです。どうしてもご飯や麺、パン類が食べたければ食べても良いですが、普段より2割から3割減らし代わりに副菜を多く食べるとよいでしょう。そうすることでキレイに置き換えダイエットが成功できます。


↑応援クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA