置き換えダイエットは本気でやれば誰でも必ず痩せることが出来るんです。
成功する方法をしっかり身につけて理想のスタイルを手にいれましょう!

 

置き換えダイエットのメリット・デメリットについて

置き換えダイエットは一食を置き換えるために誰でも気持ちさえしっかり持っていれば効果が必ず現れるものです。

でも反対に一食を置き換えるということはそれだけ栄養コントロールが難しくなるので生半可な気持ちでやっていけるものではありません。しっかりとした基礎知識とダイエットへのメンタルを鍛えることで短期間で理想のプロポーションを手に入れることができます。

置き換えダイエットでは主に栄養バランスの整ったプロテインを牛乳に溶かして一食置き換えて飲んでいきます。

通常の食事ではカロリーが制限できず、高カロリーとなってしまいますが、このプロテインを用いることでカロリーを最小限に抑え、かつ通常の食事と変わらない栄養を補給することが出来ます。

そのため、通常の食事とプロテインとのカロリ-の差を減量へと有効に使うことが出来ます。

このことがわかっていれば、間食などをすると余分なカロリーだけでなく脂肪や糖分も摂取することは容易に理解できると思います。

逆にデメリットとはなんでしょうか。

私自身が試した中で一番に思ったのがやはり食べたいという衝動に駆られることによるストレスです。

初日から普通に置き換えを行うのでお腹がすきます。何かあとちょっと食べたい。・・・とどんどんお腹が響きます。

ここで大事になってくるのがメンタルの部分です。まあいっかとここで何かをつまんだ瞬間に雪崩式にどんどんと間食をしてしまいます。これがダイエット不成功のことなんです。

最初が非常にきついですが、なんとか踏ん張ってしのぎましょう。そのためには低カロリーのもので代用するといいですね。

こんにゃくゼリーや私自身が飲んでいたのが味噌汁です。味噌汁は低カロリーなうえ、お腹が非常に満たされます。

置き換えダイエット中の運動について

置き換えダイエット中は運動を併用するように心がけるだけで効果が何倍にも膨れ上がります。

以前の自分がそうでした。食事制限はするものの痩せない・・・。運動はしない。

これでは痩せないんです。代謝が落ちてしまうからなんです。

代謝が落ちると非常に効率が悪くなります。痩せるものも痩せなくなってしまうので結局は挫折して間食に走るということをします。

でもよく考えてください。ダイエットが成功すれば理想のプロポーションが手に入るんです。

運動も最初っからぶっとばして走る必要なんてないんです。最初は少しだけでいいんです。続けることに意味があるのだから毎日続けられる努力をしてみましょう。

毎日続くことが出来れば習慣がついて運動が楽しくなります。自分もそうで、何キロも走れるようになります。

またやってみてわかったことなのでこれは是非これからスタートさせるみなさんに知っておいてほしいことがあります。

それはアミノ酸を摂取しながら行うということです。運動は代謝を上げるだけでなく疲労感も作ってしまいます。

この疲労をアミノ酸を使って取り除いてあげることでよりダイエットを快適に楽しくさせることが出来ます。



置き換えダイエット中の食事について

置き換えダイエット中は炭水化物、タンパク質、食物繊維の3つに気を付けるように心がけると良いです。

炭水化物と言えばごはん、パン、うどん、パスタなど。
タンパク質は肉、魚、卵など。
食物繊維は野菜などです。

ごはん、パンなどの炭水化物って腹持ちが良くて消化に半日ほどかかります。

その上糖が入っているので血糖も上がりやすいです。

そのことをふまえて夜の食事について考えてみましょう。

夜ってごはん後に何しますか?テレビ?寝る?仕事?

大半の方は何もやることがなくなるのであとは寝るだけって人が多いですよね。

夜に炭水化物を食べてしまうと、 消化が追い付かないこともそうですが、とにかく体を動かす時間が短いので胃に負担が掛かるだけでなく太りやすい体になってしまいます。

ということは消化しにくいものを朝・昼にしっかりと食べて、 夜は野菜中心のメニューにするとダイエットに効果的な食事にできます。

置き換えダイエット中の生活について

ダイエット中は栄養が偏ったりしてとにかく体に刺激を与えていますよね。

このことがきっかけとなり体を崩したりしやすいです。

特に寒い冬なんかはなおさらです。

せっかく頑張ってダイエットをしているのに体を壊しては何の意味もありません。

お風呂に使ったりして体をしっかり温めることことが大事ですし、交感神経・副交感神経を含む自律神経をうまくコントロールできればダイエットも効果的に挫折することなくすすめていけますね。